即効性があるのが特徴のレビトラ。レビトラにはジェネリック医薬品が存在して海外が製造・販売を行っています。ジャネリックの一番のメリットと言えば安さが特徴ですが、その分デメリットもあります。解説すると共にその他のED治療薬について紹介します。

ED治療薬を個人輸入する時の注意点について

ED治療薬は病院で処方してもらうというのが正規の入手方法となります。
しかし、事情があって通販で購入をしたいという人もいるでしょう。
ED治療薬を通販で入手したいという人の理由はさまざまですが、仕事が忙しくて時間がとれない、家族や知人に知られたくないといった理由が多いようです。

実は、ED治療薬は個人輸入でも入手することができます。
正確に言うと、個人輸入は通販ではなく、海外から薬を輸入することを業者に代行してもらうという手続きになります。
そのため、個人輸入で支払う料金は薬の代金ではなく、個人輸入代行手数料や送料となります。

インターネットに接続された環境さえあればよいので、インターネットにつながったパソコンはもちろん、スマートフォンからでも利用ができます。
自宅から一歩も外へ出ずに、インターネットを利用してED治療薬を入手することが可能です。

しかし、個人輸入でED治療薬を入手することには注意点もあります。
偽物を入手してしまったり、詐欺にあったりといったトラブルなどが実際に起きています。
海外の業者であるために詐欺などの被害にあっても裁判をするためのハードルが高いという問題もあります。

個人輸入を利用するときには、しっかりと信頼できる業者を選んでおくということが大切なポイントです。
信頼できる業者を見分けるコツとしては、ホームページに必要事項がしっかりと記入されているということです。
会社代表者の氏名、会社所在地、固定電話の番号、創業年数などです。

詐欺業者は携帯電話だけで営業していることが多いので、ホームページに携帯電話の番号しか書かれていない場合には利用をしないことが無難でしょう。
固定電話が記載されていたら絶対に安心というわけでもありませんが、固定電話は偽装がしにくいので一定の信頼はあります。

現在はインターネットというツールが普及しているので、口コミやレビュー・評判なども参考にしてみましょう。
すでにたくさんの日本人利用者がおり、良い口コミがたくさん投稿されている業者がおすすめです。

偽物の医薬品に注意!健康被害の報告もある

個人輸入でED治療薬を入手した場合、なにも効果が出なかったということもあります。
例えば、なにも書かれていないカプセルに薬が入っており、中には安価な西洋薬の成分などが入っているというケースです。

過去に病院で正規品を購入したことがある人ならば、偽物が届いてもすぐに見分けられるかもしれません。
しかし、本物にそっくりに作られており、見分けるのが難しいような偽物・類似品も存在しているので要注意です。

なんの効果もなかったというだけなら、まだマシなほうかもしれません。
偽物の医薬品をつかんでしまって、重大な健康被害が出たという報告もあります。
偽物のED治療薬は不衛生な製造現場で作られていることがほとんどです。
不純物が混入した偽物のED治療薬を飲んで死亡をしたという事件も実際に起きています。

ゴキブリが徘徊しているような不衛生な環境では、悪性のウイルスなどが含まれている可能性もあります。
ED治療の効果がないばかりか、重大な健康被害が出てしまったら、後悔しかないでしょう。
安価だからという理由だけで個人輸入に手をだしてはいけません。

しかし、個人輸入の代行業者の中には優良な業者も存在しているので、ここで紹介した注意点を理解して、しっかりと優良な業者を選ぶようにしておけば満足のいく買物ができる可能性が高いでしょう。

個人輸入でED治療薬を購入するときにまず最初にすることは、いくつかの個人輸入代行業者のサイトを比較して、料金の相場を知ることです。
相場よりも高すぎる業者には「ぼったくり価格かもしれない」と多くの人が注意をしますが、逆に安すぎる価格を設定している業者にも注意をしておきましょう。

業者をいくつかにしぼったら、インターネットで口コミ・評価を調べて悪質な業者として報告されていないことを確認します。
創業年数が長い業者は、それだけ長い間信頼を得てきたということなので一定の信頼があります。
さまざまな側面から判断をして、総合的に信頼できる業者を選んでおけば失敗する可能性は低いです。