即効性があるのが特徴のレビトラ。レビトラにはジェネリック医薬品が存在して海外が製造・販売を行っています。ジャネリックの一番のメリットと言えば安さが特徴ですが、その分デメリットもあります。解説すると共にその他のED治療薬について紹介します。

韓国発ED治療薬のザイデナは日本人向け?

ED治療薬とはED(勃起不全)を改善することができる薬のことです。
ED治療薬の仕組みとしてはペニスへの血流を良くし、また勃起を収めようとする酵素の働きを阻害するというもので、勃起の持続力を持たせることができる効果があります。
ED治療薬そのものには性的興奮を高める効果はありませんが、性的興奮を受けることで、それまで勃起を阻害している問題を改善し、これによって薬の成分が有効な間は勃起しやすい状態を保つことができます。

一方で、これまでのED治療薬は欧米の製薬メーカーが開発してきたものが中心です。
このため欧米の大柄な身体を想定したものが中心であり、体格で劣る日本人の場合には効き目が強すぎるといったデメリットがあります。
このため規定量よりも少ない量で使用するのが一般的です。
しかし、ED治療薬はアジアの製薬メーカーでも開発が進められており、そのひとつがザイデナです。
ザイデナは第四世代ED治療薬またはアジア人向けED治療薬とも呼ばれていますが、ザイデナを開発したのは韓国の製薬メーカー東亞製薬です。

当初から開発のコンセプトとしてはアジア人向けに作られているということで韓国をはじめとして日本人やフィリピン人でも人気のED治療薬となっています。
ザイデナの有効成分にはウデナフィルと呼ばれるものが使われており、スタンダードなED治療薬に使われているシルデナフィル成分と同じような構造をしています。

同じような構造をしているウデナフィルですが、副作用が少ないとされており、ED症状である勃起不全はもちろん中折やより深刻なインポでも勃起させ、持続力をアップすることができます。

東亞製薬が製造販売しているザイデナの効果としてはセックスする前の30分前に服用し12時間以上の持続効果を得られます。
これらは他の即効型のED治療薬とほとんど変わりありませんが、特にアジア人向けですので日本人が服用しても副作用のリスクが低いのが大きな魅力といえます。

ザイデナにもジェネリックはある!その名はズデナ!

ザイデナのデメリットとしては価格面のメリットがないことです。
先発薬であるので仕方がないところですが価格としては4錠1箱で5千円前後が相場です。
先行するED治療薬と比べると価格は低いですが、ザイデナがアジア人向けに作られているのでそのまま服用することになります。
一方で先発するED治療薬ではアジア人には強すぎるので100mgの内容物を半分にして50mgで服用する場合があります。
このような使い方をすると結果的には費用を抑えることができるので、ザイデナよりも薬に掛かる費用を安く使用できます。
ただし副作用のリスクはザイデナよりも高いので注意が必要です。

一方でザイデナは第四世代ED治療薬でもっとも新しいED治療薬のひとつになりますが、すでにジェネリックも登場しています。
ザイデナのジェネリックは同じ成分であるウデナフィルが配合されているもので、薬の名前もズデナと呼ばれています。

ズデナの価格は4錠1箱あたり4千円と、ザイデナよりも若干安くなっていますが、ズデナも韓国で製造販売されているのでアジア人向けに作られたED治療薬で、日本人にも適しています。
1箱単位で購入するには、1千円程度の価格差しかありませんが、まとめ買いをするとズデナの方が多くの割引が受けられるケースがあり価格もかなり抑えることができるメリットがあります。

ズデナはザイデナと同じ有効成分としてウデナフィルを配合しているので、韓国人のほかにも日本人にも人気があります。
効果もザイデナと変わりなくセックスの30分前に服用すれば12時間以上の効果を得ることができます。
またズデナを製造しているのはサンライズレメディーズという製薬会社が製造しています。