即効性があるのが特徴のレビトラ。レビトラにはジェネリック医薬品が存在して海外が製造・販売を行っています。ジャネリックの一番のメリットと言えば安さが特徴ですが、その分デメリットもあります。解説すると共にその他のED治療薬について紹介します。

勃起力を高め早漏も改善する薬スーパーPフォース

スーパーPフォースは、ED改善効果を有する「シルデナフィル」および早漏改善効果を有する「ダポキセチン」という2つの有効成分を含有した医薬品であり、両方の効果を同時に得ることができます。

「シルデナフィル」の薬効により、性的刺激を受けて勃起した男性器の勃起力を維持させることができます。
この薬効は、約5時間にわたって持続します。
ただし、シルデナフィルは、精力自体を増強させるものではありませんので、男性器が性的刺激によってまず最初に勃起することが、薬効を発揮するための前提条件となります。
シルデナフィルは、ED治療薬として、その高い効果が広く認識されており、「短時間でガツンと効く」との高評価が多いです。

また、「ダポキセチン」の薬効は、セロトニンという神経伝達物質の働きを活性化することです。
これにより、精神安定効果をもたらして、性的な興奮を鎮め、射精までの時間を延ばすように作用します。

スーパーPフォースの服用に際し、まず最初に、心臓疾患や低血圧や高血圧といった持病のある人は、必ず医師の診断を受けて下さい。
状況によっては、使用禁忌となる場合があります。
服用する際は、必ず空腹状態で服用することが非常に重要です。
空腹状態でないと成分の吸収が悪く、十分な薬効を発揮できないことがあります。
同様に、アルコールによって悪影響を受けやすいですので、お酒の量を控えることも大切です。

さらに、服用のタイミングが重要となります。
シルデナフィルは、服用から30分程度で効果が現れ始めますので、この時点で、顔がほてったような感覚を感じることになります。
これは、シルデナフィルの副作用とも言えるのですが、反面、効いてきた証拠であるとも言えます。
その後、1時間程度で血中濃度がピークに達し、その後は徐々に血中濃度が低下していき、5時間程度で薬効が消滅します。
そのため、性行為を行う時間から逆算して、性行為の1時間前に服用するのがベストです。

タダポックスも早漏とEDを改善できる薬

タダポックスは、ED改善効果を有する「タダラフィル」および早漏改善効果を有する「ダポキセチン」という2つの有効成分を含有しています。
そのため、スーパーPフォースと同様に、ED改善効果および早漏改善効果を同時に得ることができます。

「ダポキセチン」の薬効については、スーパーPフォースの場合と同じで、セロトニンの活性化によって性的な興奮を鎮めて、射精までの時間を延ばすことです。
「タダラフィル」は、「シルデナフィル」と同様に、性的刺激を受けて勃起した男性器の勃起力を維持させるように作用します。
ただし、「タダラフィル」が「シルデナフィル」と大きく異なるのは、その薬効が、最大で約36時間という極めて長時間にわたって持続する点です。

つまり、金曜の夜に飲めば、日曜の朝~昼までは、そのED改善効果が持続します。
そのため、週末の夜に服用するのが、タダポックスの最適の使用方法と言えます。
服用のタイミングとしては、性行為を行う3時間前が推奨されています。
また、タダラフィルは、シルデナフィルと比較して、食事の影響を受けにくいことが大きな特徴です。
服用時は空腹状態で服用することが好ましいことは同じですが、服用から1時間程度を経て十分に成分が吸収された後であれば、800kcalまでの食事が許容されています。

タダラフィルをシルデナフィルと比較した場合、シルデナフィルは「短時間でガツンと効く」という効き方ですが、これに対し、タダラフィルの場合には、「マイルドで長時間にわたって効く」という効き方です。
タダラフィルの方が自然な効き方がすると感じる人が多いです。
タダポックスの場合も、スーパーPフォースと同じく、使用禁忌がありますので、持病のある人は、必ず医師の診断を受けて下さい。