即効性があるのが特徴のレビトラ。レビトラにはジェネリック医薬品が存在して海外が製造・販売を行っています。ジャネリックの一番のメリットと言えば安さが特徴ですが、その分デメリットもあります。解説すると共にその他のED治療薬について紹介します。

勃起しないで射精は早漏かも!?対策を!

勃起しない状態でも射精してしまう、こうした症状は早漏が原因で引き起こされている可能性があります。
そもそも勃起しない状態であればEDなのではと思われる人もいるかもしれません。
確かに、EDの症状には心因性や体質的な問題で勃起自体が起こらないという症状が引き起こされます。
そのままの状態で男性器に刺激が加われば射精に至ることも十分に考えられます。

ただ、中には早漏、つまり性的興奮を感じてから射精に至るまでの時間が短いことでこの症状が引き起こされているケースも出てきます。
早漏の人の場合、極端に外的刺激による耐性がないために、男性器が完全に勃起するまでに射精が引き起こされることになります。
これが先に挙げたような勃起しないで射精に至る症状を引き起こすわけです。

さらに、こうした状態が慢性化することによって性行為自体にトラウマを抱えることになります。
精神的に男性が追い詰められた状態になり、早漏の症状にも拍車がかかってしまうわけです。
もちろん、そうなる前に対処出来ればいいのですが、男性にとっては非常にデリケートな問題でもあるため、周りに相談することもできずにそのまま状態が放置されていきます。

勃起しないで射精してしまう、こうした状態が続くのであればまず、早漏が原因になっているかもしれないと疑いを持っていくようにしましょう。
そもそも勃起しない状態なのですから、実際の性行為の際には女性からの心象も懸念されます。
女性が満足する前に性行為が終わってしまう、そもそも男性器を挿入する前にことが終わってしまうことになるわけです。
男性にとっては死活問題、できるだけ早めに対策を打っていくようにしましょう。

最近では、早漏対策のための薬が多く売り出されています。
世間でも知られている有名なものも中にはあるので、まずはこうした薬で対処していくのがおすすめです。
性行為の前に服用することで不快な症状を抑えることが出来るのですから、活用するに越したことはありません。

遅漏は女性に嫌われるので早漏のほうがまだまし

早漏だと女性に嫌われてしまうのではと不安を感じる人も中にはいるかもしれませんが、実際は一概にそうとは言い切れません。
早漏の人であってもテクニック次第で女性は性行為に満足することが出来ますし、性行為に対してストレスを感じることはありません。

寧ろ、男性器が勃起してから射精が促されるまでの時間が長いケース、遅漏の方が女性からは嫌われる傾向にあります。
挿入があってからいつまでたっても行為が終わらない、そうなれば、女性側の体力にも限界が訪れますし、ストレスが増していきます。
遅漏が原因で女性が性行為を避けがちになることもあるため、男性としてはこちらの方が注意が必要です。

もちろん、早漏でちょっとの刺激でも過敏に反応してしまうのも問題ではありますが、女性の側からすればそちらの方がまだましといえます。
男性もさほど深刻に物事を考えず、まずは過敏すぎる体質を変えていくことから考えていきましょう。

何度も性行為での失敗を重ねていると、必然的にトラウマが受け付けられていきます。
それが原因となり、さらに早漏の症状を悪化させていくこともあるため、まずはここを克服していくことが大切です。
とはいえ、恋人やパートナーに相談するのも恥ずかしい、そう考える人も少なくありません。

そこで活躍するのが先に挙げたような早漏治療薬です。
多くは性行為の前に服用するタイプの薬ですが、タイミングさえ間違えなければ過敏すぎる体質を一時的に変えていくことができます。
それによってパートナーである女性にバレることなく問題の症状を解消することが可能になっていくわけです。
一人で悩んで問題を大きくしていくよりは、よっぽど賢い方法だといえるでしょう。